FC2ブログ
 
■プロフィール

かねしろん

Author:かねしろん
30代OL。日々の悩みをぶちまけていきます。
安い給料で働くことに嫌気がさし、現在転職活動中。
真面目であるが故に何でも自分のせいにしてしまいNOが言えず、他人に振り回されがち。
集中力や忍耐力は人一番強い為、ストレス溜まりがち。

■最新記事
■最新コメント

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

せめて心だけは良い状態に
「助けてぇ、ラッシー」

「HAHAHA、どうしたんだい、かねしろん」

注)ラッシーとは私(かねしろん)の心の中のツッコミ担当です。
ラッシーの容姿は『金髪碧眼の外国人。顎が割れている。チェックのシャツを着ている』。

「毎日将来が不安で仕方ないんだ…。なんでみんな毎日不安だって言わないのか不思議なんだよ」

「HAHAHA、みんな口に出さないだけで、不安だと思うよ」

「正社員の自分だっていつ解雇されるかわからないと思ってビクビクしているのに、なんでパートさん達はのほほんと仕事出来るんだろう」

「会社に来ている限りは楽しく働くしかないじゃないか。ずっとため息ついてばかりいられちゃ、周りも暗くなるだろう」

「ポジティブに考える人は強いよなぁ…。あんまりネガティブな発言ばかりしていると現実になっちゃいそうだから、不安なことばかり考えるのはやめようかな…」

「君は『他人の不幸は蜜の味』なくせして、自分の不幸は許せない人だよね…」

「『私は不幸です』って顔して、周りに同情されるのは待つくせにね。でもどうせ誰も同情しないよね。自分だってしないんだから」

「どうせ同情されないんだから、楽しそうに仕事してみたらどうだい」

「とりあえずコロナみたいに生命の危機に立たされる部分じゃなければ、ネガティブばかり考えるのはやめるように頑張るよ」

ニュースもワイドショーも、「より悲惨な状態を探して映し出している」もんなぁ…。
空っぽの棚とか、飲み歩いている人とか、そういうところばかり目に付くのがわかっててやるんだもの。
ちょっとでもポジティブな方に目を向けたいものです。

とはいっても自分の想像よりも事態は悪くなっているのは事実。
せめて心だけは良い状態に。


人気ブログランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

アンケートモニター登録
スポンサーサイト





テーマ:日記 - ジャンル:日記

悩み | 22:59:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
ほとんど人と会っていない
「助けてぇ、ラッシー」

「HAHAHA、どうしたんだい、かねしろん」

注)ラッシーとは私(かねしろん)の心の中のツッコミ担当です。
ラッシーの容姿は『金髪碧眼の外国人。顎が割れている。チェックのシャツを着ている』。

「外出自粛を要請されなくても、自分が普段からスーパーくらいにしか出かけていないことに気付いちゃったんだ…」

「HAHAHA、君が休みの日にやっていることといえば、食材を買いに行くか、テレビを見るか、本を読むかくらいだものね。
仕事帰りでもだいたいどこに寄るでもなく真っ直ぐ帰ってくるし。飲みにもほとんど行かないし」

「結局のところ、仕事以外ではほとんど人と会ってないんだよね…」

「旦那さんと一緒にいれば、とりあえず寂しくないもんね」

「気が合う旦那さんで良かったよ。お互いの顔も見たくないような状態なのに外に出られなかったらある意味地獄だよね」

「ストレスのない家で良かったね…」

「旦那さんが干渉してこない人で助かっているよ。上司みたいにやることなすこと監視しているかのように口出ししてくる人だったら、多分即離婚しているね」

「君は普段から人の目は気にするくせに、人にとやかく言われるのがすごく嫌いだよね。
自分の判断はすごく正しいと思っているのに、いざ人に『それは違う』と言われるとかなり落ち込むし。
そんなに自分で何もかも決めるのが好きなら、押し通してみればいいのに」

「自分は自尊心がかなり低い方だと思っていたけど、自分の意見は結構尊重しているのかな」

「今まで人の意見を聞き入れて動いて、内心イライラしていたんだろう。他人の考えを受け入れたのに上手くいかなかった。
ってことは自分の意見を貫いてみてもいいんだろうね。どうせ今のままだと上手くいかないんだし」

「実は『自分は幸せになる』と昨日いきなり決意してみたんだよ。ずっと不幸な自分を憐れんで
生きてきたけど、このままずっと我慢し続けるのは癪だから。人生の最後で笑うのは、私だよ」


「おおー。珍しく自信を持ちだしたね」

「今に見てろよ。そのうちびっくりするくらい楽して稼いでやるから」

「その気持ちが大事だね!」

もう今後自分には幸せなことしか起こらないです。(暗示)

思えば「一生結婚出来ない」と思っていた数年前から「旦那と遊んでいる時が1番楽しい」に生活は一変しました。
自分では全く想像していなかった幸せな生活が今、ここにあります。

ってことは今まで全く想像出来なかった「金持ちで優雅な生活」が出来るようになる可能性がある、と。
可能性はゼロではないと。
むしろ可能性がゼロだと思っていた結婚生活が想像以上に楽しいものである、と。

こりゃいける。これはいけるかもしれない。
ちょっと考え方を変えてみます。


人気ブログランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

モッピー!お金がたまるポイントサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

悩み | 22:59:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
自由になりたい
「助けてぇ、ラッシー」

「HAHAHA、どうしたんだい、かねしろん」

注)ラッシーとは私(かねしろん)の心の中のツッコミ担当です。
ラッシーの容姿は『金髪碧眼の外国人。顎が割れている。チェックのシャツを着ている』。

「3連休だっていうのに、何か努力をするでもなくのほほんと過ごしちゃっているんだ」

「HAHAHA、君はゆっくりするのが好きなんだから、願ったり叶ったりじゃないか」

「でもこの連休の間に副業して稼いでいる人がいると思うと焦るし、
何かしら資格を取る為の勉強だって出来るだろうし、短期バイトだってやろうと思えば出来るのに」


「君は稼いで何をしたいんだっけ…?」

「他の人が自分よりも稼いでいるのが嫌なだけだよ。損したくないんだ」

「稼いだお金で何をしたいって言ってたっけ…」

「今よりもちょっとだけ美味しいものを食べたいよ。例えばコンビニとかで躊躇なく
デザートを買って食べられるようになりたい」


「それ、今の稼ぎでも出来るよねぇ…?」

「で、出来るけど…。今よりももっと稼ぎがあった方がもっと自由になれるんじゃないかと思って」

「そうだったらきちんと資格を取るなりなんなり将来について考えるべきだね。今の君は中途半端すぎる。
『稼いで自由になりたい』と『のほほんと過ごしたい』は相反しているよ。性格的にずっとバリバリと働いていけない
と考えるのであれば、それはそれでもう今の稼ぎで自由を探していくしかない」

「か、稼いで自由になりたいよ…。よし。普段の生活見直します!」

こうやって定期的に、自分の気持ちは見直していった方がいいんだろうなぁ…。
人生に目的を持って生きるのって嫌いなんだけど、そもそもなんで目的持つの嫌いなんだっけ?
途中で失敗するのが怖いから? 上手くいかなかった時の為の保険?

でも私の人生の目的なんて、他の人は知る由もないんだから、上手くいかなくったって平気じゃない?
誰が私のこと責めるの? 責めるのって私だけだよね?

なんでそんなに自分のこと責めるんだっけ? そんなに自分のこと嫌いだったっけ…?
私ぐらい私のこと好きでもいいじゃんねぇ…。


人気ブログランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村



テーマ:日記 - ジャンル:日記

悩み | 11:59:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
自分に贅沢をさせてあげられない癖
「助けてぇ、ラッシー」

「HAHAHA、どうしたんだい、かねしろん」

注)ラッシーとは私(かねしろん)の心の中のツッコミ担当です。
ラッシーの容姿は『金髪碧眼の外国人。顎が割れている。チェックのシャツを着ている』。

「生理前で、珍しく食欲が爆発しちゃったんだ」

「HAHAHA、君はブラック企業で働いていたせいで以前は生理が止まっていたものね。
食欲が爆発、とか言う前に、ろくにご飯を食べていなかったじゃないか」

「こんなにも生理周期に振り回されて生きているっていうのに、気付いていなかったのもすごいよね…」

「健康になった証拠だよ」

「まさか自分がいくらご飯を食べても『食べたりない…』と思う日が来るなんてさ。
旦那と出会う前は『夕飯が煎餅1枚』なんて当たり前だったんだから」


「君、いったい何の為に生きていたんだい」

「別に何の為にも生きていないよ。いくら旦那さんのことが好きだって、『別に明日死んでもいいや』」
って毎日思っているよ」


「何か楽しいこと見つけなよ…」

「おいしいものを食べるのは好きだって、最近やっと気付いたんだよ。
『旦那と一緒にいる時はおいしいものを食べていい』って自分に許可を出せるようになったから。
そして結婚して数年経ってやっと、『旦那がいなくても少しぐらいはおいしいものを食べていい』って許可も
出せるようになった」


「まだまだ100円以上のものを自分に買ってあげることには抵抗があるみたいだけどね…」

「でも今日は夢にまで出てきた『ちょっとだけお高いチーズ』を買ってみたよ。
あんまりおいしくなくてガッカリしちゃって、二度と自分に贅沢させてやるもんかと思ったけど」


「君はまたすぐ自分を虐めるよねぇ…。誰かが『私は1日2食しか食べません』って言っていたら
『自分は1日3食も食べてしまって本当にいいんだろうか…』って思うだろう。誰かが『食費は2万円だ』
って言っていたら、『うちも2万円以内に抑えないとダメだ…』って思うんだろう。
君は自分よりも下の方ばかり見ていて、自分が我慢することばかり考えているだろう」

「どうして我慢ばっかりするんだっけ…?
チーズだって食べてみないと本当に自分の好みのチーズは見つけられないのに。
誰に対する我慢なんだろう…?」


親、かな…?
でもうちの親、結構おいしいもの食べていると思うけどな…?

なんで親がおいしいもの食べているのに私は食べちゃいけないと思い込んでいたのかな…?

もしかしたらこの『自分に贅沢させてあげられない癖』が無くなったら、人生変わるかな…?


人気ブログランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

アンケートモニター登録

テーマ:日記 - ジャンル:日記

悩み | 23:59:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
転職するする詐欺
「助けてぇ、ラッシー」

「HAHAHA、どうしたんだい、かねしろん」

注)ラッシーとは私(かねしろん)の心の中のツッコミ担当です。
ラッシーの容姿は『金髪碧眼の外国人。顎が割れている。チェックのシャツを着ている』。

「コロナを言い訳にして、転職活動をおろそかにしてしまっているんだ」

「HAHAHA、君は『転職するする詐欺』する人になっているね」

「今の仕事が楽しくないのであれば、人生を無駄にしているし、さっさと次に行けばいいと
思うんだけどさ。なかなか『ここだ!』ってところには呼んでもらえないんだよね…」


「『次の仕事は決まっていないけど辞めます』って言っていた人、結局退職日までに次が決まっていたしね…」

「覚悟が違うもんね。自分は安全なところを歩きたくて、時間ばかりかかっているよ」

「好きでもない旦那さんと、離婚できずにいつまでも一緒にいる奥さんみたいだね…」

「でも離婚しなければ経済的にはなんとなく安泰だし、たまに楽しいことはあるだろうし、
世間体もいいし、いつか修復可能かもしれない」


「世の中の大半の人は面倒くさいから動かないだけだろうね」

「好きじゃない人と一緒にいるって辛いよねぇ…。ずっと自分の気持ちを誤魔化し続けるわけだ。
そう考えるとやっぱり自分の『好きな気持ち』基準で動かないとダメだよねぇ…」


自分は今の旦那さんを選べてラッキーだと思っています。
でももし結婚してすぐに『あれ、こいつじゃねぇな』と思ったまま数年経っているとしたら相当辛い。
『もしかしたらもっと自分に合う人がいるんじゃないか』と相手に思われたまま一緒にいるのも辛いだろうし。

就職で考えたら『この会社じゃねぇ』『もっと自分に合う会社があるんじゃないか』ってずっと思っている自分って…。
修復不可能…。


人気ブログランキング

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村

モッピー!お金がたまるポイントサイト


テーマ:日記 - ジャンル:日記

悩み | 23:59:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ